明日はなんの日

書きたいことを書いていくよ。音楽と特撮と映画の話題が多め

歌うシンガーと語るシンガー

歌を歌うってひとえにいっても、全部同じことをしてるとは思えないんだよね。

 

自分の中では、バンドとかのアンサンブルの中で全員と息を合わせて歌うのは「歌う」弾き語りとかのように、伴奏や発生タイミングすら自分の思いのままにできる中で歌うのは「語る」ことだとおもってます。弾き語りってそういうことなんじゃないかなと。

 

そしてそれは、それぞれのやり方が合う曲合わない曲もあるとおもうし、同じ曲をそれぞれの表現の仕方で表すこともできるとおもう。

 

そんな中で自分は弾き語りというのがやっぱり聞くにもじぶんがするにも一番好きだなーと感じました笑笑。