明日はなんの日

書きたいことを書いていくよ。音楽と特撮と映画の話題が多め

超初心者に送るエレキギター解説 その1 エレキギターの種類について

どうもこんにには! たけるです。

 

ここではこれからギターを始めたいギター初級者向けにギターのいろんなことについて自由に語っていきたいと思います。また経験者でも興味がある話があれば是非見て行ってください。

 まぁ基本的にギターをしていくと当たり前に感じるものも多くあると思いますがね^^;

エレキギターアコースティックギターをあえて分けて書いてます。アコースティックギターについてはまた別の記事にて書こうと思います)

ということで今回のテーマはエレキギターに触れたこともない超初心者に是非話したいギターの種類についてでひとつやっていきたいと思います。

 

ギターの種類と一言で言ってもたくさんあるんですが、今回はエレキギターに絞って、かつ1番ざっくりとした種類分けをしていきます。

 

まずエレキにはざっくりわけてソリッドギターセミアコースティックギター、フルアコースティックギターの三種類があります。

どこが違うのかというと、ボディの構造から大きさまでが全部違います。そしてそれぞれ全部違う音が出るということなんですね。

それぞれの特徴をざっくり説明していくと、

まずソリッドギターはボディが板一枚のエレキギター

セミアコースティックギターはボディが薄く、容積の少ない箱型のギター、

フルアコースティックギターはボディが分厚い大容量の箱型エレキギターということで、ボディが箱型か、またその容積が多いか少ないかというところで別れていきます。

一般的にエレキギターと言ってすぐ思いつくギターは大体ソリッドギターだと思いますね。

 

では今回は霧が良いので一度ここで終わりたいと思います。次回はそれぞれのギターの主な機種やメーカーについて書こうと思います。